ニュースキュレーション

日本通信販売協会が10代~60代の男女1000人を対象に実施した「リアル書店とネット書店の利用実態調査」結果によると、過去1年間で書籍購入したチャネルはリアル書店が約74%、ネット書店は約45%だった。 両チャネルの年代別利用率は40代がリアル書店(67.6%)とネット書店(57.5%)の差が9.9ポイントと最も小さく、仕事と育児など多忙の中で両チャネルをうまく使い分けていることが分かった。...

本を読むのは高齢者ばかり