ニュースキュレーション

11904670 story ストーリー by hylom SFの世界へ 部門より taraiok 曰く、 NASAは2030年代に有人火星探査を実現することを計画している。乗組員、探査車および周回機を乗せて火星へ送り届けるには、より多くの燃料と費用対効果の高い推進器の開発が不可欠だ。この方法の一つとして、NASAは熱核ロケットの開発を検討しているという( universetoday、 Examiner.com、 Slashdot )。 2014年10月に行われたMichael G. Houts博士の プレゼン によれば、原子力熱推進(NTP)と原子力電気推進(NEC)の2種類の方式が検討されている。レポートによればNTP方式のロケットではウラン45gで1時間につき1000MWを発生できるという。核動力エンジンを使用すれば、推進剤の量を大幅に節約できる。しかし、NASAにこのようなエンジンを開発するための予算が与えられるかは疑問が残る。

これが一番現実的