ニュースキュレーション

無料翻訳サイトに入力したとみられる内容が、ネット上で誰でも閲覧できる状態になっていることが分かった。不倫の示談など個人のやりとりだけでなく、日本の中央省庁や銀行、メーカーなどのメールの内容が、機密情報を含め、誰でも見える状態だった。 情報セキュリティー企業「ラック」の広報担当者によると、問題となっているサイトは「I Love Translation」というオンライン翻訳サービス。約70の言語...

ありうるよねー