ニュースキュレーション

心配ごとがだんだん具体的になってきた気がする。 火星の1日は 24時間と40分。地球の1日にとても近い時間です。だからNASAもたいしてそこは気にしていなかったよう。でもここにきて、この追加40分が我々地球人が火星に移住するにあたり、ひとつの 悩みの種 になるのではと、睡眠を研究する科学者の間で噂されているそうな。 とりあえず、この時間の違いを仮に「 宇宙時差」とでも呼びましょうか。 アトランティック誌にて、ライターの Tom Chmielewaski 氏がこの宇宙時差問題の興味深い点を書いています。 実は、ごく一部の選ばれし地球人は、すでに宇宙時差を体験しているんです。そう、火星探査用ローバーの操縦者たち。彼らは火星時間に沿って起き、寝ています。実際に生活してみると違うでしょうね。たった1日40分でも90日重ねれば 2.5日分 になるんですから。 実際のところ、地球人が火星に移り住み、数ヶ月あるいは何年も生活するとなったとき、体内時計を火星時間に合わせることはできるんでしょうか? Chmielewski氏が言うには、最近の研究では個人差はあれど、地球人の体内時計は 女性は1日24時間6分、男性は24時間12分で動いているのだとか。そう考えるといきなり40分延長は厳しい...? 実際、ハーバードの睡眠学者 Charles Czeisler氏が短期間実験してみたところ、火星時間に合わせようとするとやはり 身体に何かしらの異常 が起こったそうです。 そして、さらに気になるのが日光の問題です。ブルーライトを浴びると私たちの身体は目を覚まし、実際に地球の朝日は大量のブルー波長を含んでいます。だがしかし、いっぽう火星では...、 夕日もまたブルー なのでございます。これは地球人の身体にしてみたらかなりやっかい。火星移住計画、まだまだ問題は山積みのようですね。 Top image by NASA/JPL/Texas A&M/Cornell source: The Atlantic Sarah Zhang - Gizmodo US[ 原文] (SHIORI) 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて ジャイルズ スパロウ|河出書房新社 ケータイ、再発見。 「業界のイノベーションはスマホに集中していいのか?」というシャープの自問から、全く新しいカタチのケータイが誕生しました。それが2月20日にauから発売されたシャープ製フィーチャー... 続きを読む"

なるほどねぇ