ニュースキュレーション

【3月26日 AFP】ドイツの格安航空会社ジャーマンウイングス4U9525便がフランス南部のアルプス山脈に墜落し乗客乗員150人が死亡した事故で、操縦士の1人が墜落前に操縦室から閉め出されていたことが、回収されたボイスレコーダー(音声記録装置)のデータから判明した。

まだわからないことがおおいですね。