ニュースキュレーション

東京工業大学の細野秀雄教授と原亨和教授らは、化学肥料などの原料で高温高圧での合成が必要なアンモニアをセ氏350度、常圧で合成する技術を開発した。従来の10分の1未満のエネルギーで製造できる。アルミニウムなどに金属のルテニウムを組み合わせた触媒で反応条件を工夫した。省エネ技術として3年後の実用化を目指す。 ...

いいね!