ニュースキュレーション

計画通り2030年代に人類が火星に降り立つことになるのなら、生存するためにできる限りの自給自足が不可欠であることは間違いない。巨大な荷物を持っていくことなどできないのだから。火星には有用な鉱物のほか、氷や水が存在する可能性もあるが、一番の問題は酸素である。 ...

すごいね。