ニュースキュレーション

現在のロケットエンジンでは火星到達に約8カ月もの期間がかかると言われ、NASAはそれを半分にするべく調査研究しています。その研究のなかでも最も有望な推進技術のひとつが「ソーラー電気推進」です。

いいね