ニュースキュレーション

6月19日、ソフトバンクが昨年、米グーグルから招いたニケシュ・アローラ氏に約165億円の報酬を支払っていたことが明らかになった。同日の株主総会でアローラ氏は孫正義社長から「私の期待の星」と紹介され、代表取締役副社長に就任した。異例の高額報酬には孫社長の独特の考え方が反映されている。

まあインドからのリターン考えれば安いよ。