ニュースキュレーション

薬の開発には9~17年もの年月と、200~300億円もの費用がかかるとも言われています。これだけの年月と費用をかけても、新薬を開発できる確率はおよそ「3万分の1」。そこで、新薬開発の確率を高める「京」などのスーパーコンピュータを使った「IT創薬」の研究についてご紹介します。

私は蚕創薬のほうが面白いと思うんだけどなあ