ニュースキュレーション

[東京 9日 ロイター] - 東芝 の不適切会計をめぐる第三者委員会の調査で、リーマン・ショックや東日本大震災による業績悪化の中、厳しい予算目標が圧力となって問題が広がった構図があぶりだされつつある。営業利益の減額修正の規模だけでなく、経営トップの方針が不適切会計に結びついた因果関係の究明が焦点。

粉飾であるのは間違いなさそうですが、この指示をもって粉飾の指示とするのはあまりに拙速。