ニュースキュレーション

どうやって僕たちがYコンビネーターのプログラムに受け入れられたか、そのいきさつはなかなか面白い。 Yコンビネーターの面接では、事業のプレゼンができる時間は5分間。それ以上でもそれ以下でもダメだ。...

ラーメンって笑