ニュースキュレーション

土星の衛星エンケラドゥスの表面を覆う氷の下に、全球にわたり水の海洋が広がっていることが分かりました。探査機カッシーニが送ってきたデータの分析で判明したもので、核と表面の層の間に液体の層があり、表面が微妙に「ぐらついている」と説明しています。 エンケラドゥスの表面は光の反射率が非常に高く、氷でできていることが知られていました。また南極近辺からは頻繁に水蒸気の噴出があり、地下活動が活発で表面との間には

期待だね〜