ニュースキュレーション

[東京 25日 ロイター] - 日本取引所グループ の清田瞭CEO(最高経営責任者)は25日の定例会見で、不正会計で有価証券報告書の虚偽記載を行った上場企業への処分について「確定した決算が見えないときに処分するようなルールは作れない」と述べ、不正会計が明らかになった段階で速やかに監理銘柄に指定するなどの制度変更には否定的な見方を示した。

なにこの二枚舌笑。ライブドアの時は超迅速に上場廃止にした癖に!!クソクソクソ笑