ニュースキュレーション

自動運転車のキーパーツの一つが、周囲の物体をリアルタイムで高精度に検知するレーザーレーダー(LIDAR=ライダー)というセンサーだ。だが、実用化のうえでは高いコストが壁になっている。シリコンバレーに本拠を置くベロダイン(Velodyne)はそのパイオニア的存在。同社が開発した初期のライダーはグーグルの自動運転車などにも使われ、1個7万5000ドル(約900万円)以上もした。そうした中、現在で...

ここはパイオニアなど、レーザー技術持つ会社が鎬を削ってる市場。革新的な分散型レーザーセンサーなどが出てくるこれから。