ニュースキュレーション

親近感を抱いてもらい、作品と触れ合う「分人」を引き起こすことが大切である。そのことに気付いたぼくが、いま力を入れているのが「ファンクラブの運営」です。 いま、コルクで育成しているマンガ家に羽賀翔...

これまで作家にファンクラブがなかったことが不思議でした。