ニュースキュレーション

この章では、ぼくが編集者として何に悩み、何を考え、どういう施策をしてきたかをつらつらと語ってきました。章の最後は「編集者不要論」について考えます。 インターネット時代に編集者はいらないのではない...

逆に非常に必要ですな