ニュースキュレーション

FDKは2016年4月から始まる3カ年新中期経営計画の設備投資総額を、過去最高となる約150億円に設定する。産業機器や自動車用の電池、スマートフォン向け部品といった製品の設備更新や増産対応などに充てる。これまで減価償却費の範囲内に投資を抑えていたが今期で構造改革にめどがつき、業績が成長軌道に入ったことから再び投資を積極化する。安定した供給体制を整え、計画達成を確実にする。 車載向けリチウム電...

そりやそうだ