ニュースキュレーション

LINEが始めた生放送動画配信サービス「LINE LIVE」が勢いを増している。開始5日間で1000万人の視聴者を集めた。後発ともいえる動画配信サービスだが、LINEの強みを十二分に生かせる素地がある。

テレビとスマホ動画の関係でいくと未来予測でも注目点は若年層のテレビ番組視聴携帯だろう。大画面のながら視聴よりスマホ画面での海賊版動画も含めたYouTubeでの録画視聴がかなりのシェアを占めるはず。…