ニュースキュレーション

経済のキャッシュレス化によって、銀行が窓口での現金取り扱いを停止してしまう──。日本では当面考えにくい話だが、北欧ではすでに現実のものとなりつつある。ノルウェーでは、消費者の現金決済比率はたった6%だ(米国は47%)。残りは、クレジットカード、デビットカード、モバイル決済などの電子決済である。

現金やめると脱税もなくなるし、アングラマネーにも課税できる。財務省がもっと推進してもいいはずなのに。キャッシュレス社会。