ニュースキュレーション

そして、耳かきは感動のフィナーレへ恍惚の世界を展開します。 そこでは、誰も知らなかった官能の世界が描かれ、しかしその「山本耳かき店」はこの世に存在しないという非情の作品なのです。(多分)

同じ名前の耳かき屋が秋葉原にありましたね