ニュースキュレーション

60歳以上の起業を後押しする「生涯現役起業支援助成金」を新設する。サラリーマンらを対象に、退職後も豊富な経験を仕事に生かす機会を増やす狙いだ。社員の求人を情報誌などに掲載する費用や、新社員が資格を取得するための費用など、「雇用の創出にかかった経費」の3分の2(最大200万円)を補助する内容だ。60歳以上を2人か、40歳以上を3人雇うことが条件となる。2016年度予算案には8億7000万円を計...

補助金で起業とかあますぎ