ニュースキュレーション

世界60カ国を対象に、グローバルな視点での魅力を総合的に評価したランキング「グローバル・パフォーマンス・ベスト・カントリー」で日本が7位に入った。首位はドイツ。アジアからはシンガポールが15位、中国が17位、韓国が19位に入っているが、中国は不透明な政府の慣行や理不尽な税金システムが足かせとなり、「ビジネス活動」では42位となり、日本の22位に差をつけられたほか、「セクシー度」では韓国がゼロ...

もっと上位にいくポテンシャルあり