ニュースキュレーション

大相撲の懸賞本数で、過去最高を記録する流れが初場所で途切れた。アベノミクスによる国内経済の回復で企業の広告需要は旺盛の中、人気力士の休場が相次ぎ、大関琴奨菊の初優勝という盛り上がりに水を差した格好だ。懸賞動向に長年注目するエコノミストは、中国や原油など海外発の材料で株価が急落するなど、不運に見舞われる日本経済の現状に重ね合わせている。

意外と安い割に効果あると思う