ニュースキュレーション

2005年からがんと闘い続けている大橋巨泉(82)が、鼻腔(びくう)内に新たながんが見つかり、抗がん剤と放射線治療を行っていることが分かりました。

こちらもすごい。