ニュースキュレーション

ラクスルは新進気鋭の若手起業家・松本恭攝氏が立ち上げたベンチャーで、印刷と物流業界の変革を目指しています。今やビジネスマンや投資家の熱視線を集める企業の一つです。でも、そんな松本社長にも思わぬ弱点があるんです!その悩みを解決すべく、G-TACは最新のゲノム・パーソナル医療をお勧めしました。実際に検査を体験した松本氏は何を語るのか?ビジネスパーソンに役立つ情報を含め、前後編の社長対談をお届けします。

バリウムの胃がん検診はほとんど意味がない。なぜならレントゲン撮影でわかるくらいのガンは相当進行してるから。まずはピロリ菌検査して、毎年内視鏡検査すべきだね。 …