ニュースキュレーション

国土交通省は、ホテルの新築や建て替えをする際、同じ敷地面積でもこれまでより大きなホテルを建てられるよう、建物の容積率を緩和する方針を固めた。今夏にも自治体に通知する方針だ。外国人観光客の急増で東京や大阪などの大都市のホテル不足が深刻化しているため、整備を後押しする狙いがある。地方都市でも老朽化した建物がホテルに建て替えられれば、誘客につながると期待される。

藤野さん、こないだ京都でアパホテルが六万円台でした。協会に入ってないホテルはどんどん値段を上げて行ってます。これはかなり急務です。訪日外国人は早晩一億人レベルに達するはずです