ニュースキュレーション

観光庁は8日、政府の規制改革会議(議長=岡素之・住友商事相談役)で、「通訳案内士」の国家資格がなくても外国人相手に有料観光案内ができるよう、法改正を検討する方針を示した。 通訳案内士は、外国語を使って外国人観光客を旅行案内するための資格で、1949年に創設された。通訳案内士法は、無資格者による有料案内を禁じている。政府は2020年までに訪日外国人を年間4000万人に引き上げる目標を掲げている。通訳

やっとか。アホな資格さっさと取っ払え