ニュースキュレーション

屋内のマッピングを実現するためにビーコンなどが活用されていますが、対応チップが必要なことから普及のペースには限界があります。しかし、MITが開発中の、一般的なWi-Fi電波を使って端末間の距離や位

なるほど面白いアイディア。