ニュースキュレーション

(Bloomberg) --自動運転車用として急拡大が見込まれる超音波センサーで世界シェアの半分を握る部品メーカーが鳥取県にある。競合他社と比べてより小さな障害物を捉えることができる高精度センサーを武器に形成期の有望市場に食い込み、強固な事業基盤づくりを進めている。

超音波の世界は自動運転できるまで研究開発はほぼ止まってて残存者利益的なマーケットだったからねぇ。これから爆発すると思うけど。https://t.co/GoYQibRkAr