ニュースキュレーション

[東京 26日 ロイター] - 日米航空交渉で米当局と合意した羽田空港からの米国向け発着枠について、国土交通省は26日、全日本空輸 に4便、日本航空 に2便を割り当てると発表した。経営破綻した際に公的資金を受けて再建した日航は来年3月末まで新規路線の開設を制限されており、全日空に多く配分した。

これは便利になるなあ