ニュースキュレーション

ハイパーネットでの僕の肩書は副社長。国内の広告営業も僕の役割でした。 まだインターネットに対する理解が薄い時代でしたが、新しいことに理解のありそうな企業を見つけると、片っ端から営業に回っていまし...

そしてドコモへ