ニュースキュレーション

iOS 8から標準搭載されるようになった「ヘルスケア」アプリには、「メディカルID」を登録する機能があります。これを登録していた場合、万が一倒れて救急車で搬送されるような事態に陥った場合に、身体情報や、緊急連絡先を表示させることが可能です。有事の際に医療関係者に伝えたい情報を、あらかじめ登録しておきましょう。 また、倒れている人を見かけたときに、その人がiPhoneを持っていたら、持病や使用...

んー、知らんかった。。