ニュースキュレーション

「京都人にとって、昭和の時代から要望してきた『悲願の実現』であります」 4月26日、京都市役所の庁舎。門川大作市長が、幹部職員らを前にこう熱弁していた。 「悲願」とは、今年3月22日に政府が決め...

皇居も移転するといい