ニュースキュレーション

2020年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、情報システムをサイバー攻撃から守るセキュリティー人材の育成・強化が喫緊の課題となっている。巧妙化する攻撃に対して、防御体制が追いつかず、わが国では「約8万人が不足」との推計もある。こうしたなか、総務省は人材育成で新たな取り組みを始める。仮想空間でサイバーセキュリティー人材を鍛え、育てる作戦だ。 サイバーセキュリティー人材をどう育てるか―。官民と...

人数は関係ないだろ