ニュースキュレーション

東京大学は、2018年2月から理科III類(医学部)の入試に面接を復活させると発表した。この発表を聞いて、東大医学部の凋落は、今後も続くと感じた。それは、幹部に当事者意識がないからだ。 東大医学部が抱える問題は、医師にふさわしい学生を採れていないことではない。 05年に東大医科研に異動してから10年間、東大理IIIの多くの学生を指導してきた。みな優秀だし、人格的に問題がある人は少なかった。 ...

理3は医者養成機関ではない気がするけどね。