ニュースキュレーション

夏の参院選の香川選挙区(改選数1)に共産党の新顔が野党統一候補として立つ方向になった。民進、共産、社民など野党4党は、32の1人区で野党共闘を進めてきたが、共産系が統一候補となるのは初めて。一夜にして注目区となったが、民進党などには戸惑いがみられる。一方、与党側は「野合批判」を強め、気勢をあげている。 「ひとつ読み違いがあったとしたら、共産党中央の意向が日々刻々と硬化していったことだ。精いっぱい、

完全に野合