ニュースキュレーション

オムロンは6日、ドライバーの運転状態が危険かどうかを判定できる人工知能(AI)を搭載した画像センサーを開発したと発表した。センサーにAIを搭載することで、車内カメラで撮影した映像から危険度を3段階で判別する。この技術を使えば、ドライバーに異常があった場合でも、運転を手動から自動に切り替えられる。平成31~32年に発売される自動運転車などへの採用を目指す。

こういうの迅速に導入を促進する施策をやってほしい