ニュースキュレーション

Lenovoは6月9日(米国時間)、米サンフランシスコで開催したTech World 2016において「Project Tango」を利用できる世界初の端末、ファブレット「Phab2 Pro」を発表した。16メガピクセル・カメラ、モーショントラッキング、深度センサーなどTangoに必要な機能を揃えながら、499ドルからというメインストリーム帯で通用する価格を実現している。今年9月にグローバル規模で発売される予定で、日本市場についても検討しているという。 Project Tangoを利用できる6.4インチ・ファブレット「Phab2 Pro」、本体はアルミニウムのユニボディ Project Tangoは、GoogleのAdvanced Technology and Projects (ATAP)グループの取り組みから誕生した。人が空間や動きを認識する能力をモバイル機器で実現しようとしている。具体的には「モーション・トラッキング」「深度認識」「エリアラーニング」の3つのコア技術で構成される。モバイルデバイスを使った従来のAR(拡張現実)は現実世界をスクリーンで切り取った風景でしかないが、Tangoは内蔵するセンサー群からのデータで毎秒25万回以上もの3D測定を行い、ユーザーを囲む空間をモバイルデバイスに構築し、位置や向きなどをリアルタイムでアップデートする。それによってスマートフォンで、現実環境と仮想環境の境界線のない新たなAR体験を可能にする。なお、Project Tangoを採用したコンシューマ向け製品が形になり、Project Tangoは「Tango」という名称に改められた。 米国ではホームセンター・チェーンであるLowe'sが新たに「Lowe's Vision」というTango対応アプリを開発した。アプリに構築された部屋で、家具を置きたいスペースの広さや高さを測ったり、Lowe'sで販売しているテーブル、椅子、絨毯などの仮想アイテムを部屋に配置して大きさや見た目を確認できる。他にも、 Google Playで数多くのTango対応アプリが配信 されている。 Phab2 Proの主なスペックは以下の通り: ディスプレイ: 6.4インチ Quad HD (2560×1440) プロセッサ: Qualcomm Snapdragon 652 (Tangoに最適化) RAM: 4GB ストレージ: 64GB、microSDスロット(最大128GB) オーディオ: Dolby Atmos、Dolby Audio Capture 5.1 マイク: トリプルアレイマイク 背面カメラ: 16メガピクセル (PDAF)、Tango用深度センサー、Tango用モーション・トラッキング 前面カメラ: 8メガピクセル

使ってみたい!