ニュースキュレーション

1986年からBCG日本法人の経営を担うだけでなく、大前研一さんと並んで日本のコンサルティング業界の看板役者であった堀さんが、あろうことか何人も連れて辞めてしまった。この事件で、BCGは"存亡の危機"に直面したと言ってもいい。そして、パートナーに昇格して2年目の私がここから「職人」としての仕事と「経営」の仕事の二足のわらじをはくことになったのだ。

なんでコンサル会社に頼むんだろ。戦略考えるのが経営の醍醐味なのに。一番美味しいところを他人任せにするとか意味がわからんわ