ニュースキュレーション

グーグルやフェイスブック、アップルなど米IT企業が近年、米連邦議会や政府機関が集まる首都ワシントンDCで、陳情(ロビー)活動を活発化させている。政治や規制当局とは距離を取り、独自にビジネスを発展させてきたが、企業規模と影響力の拡大に伴い無縁ではいられなくなった。特にグーグルは資金投入量で、いまや全米屈指の存在だ。「グーグル@DC」の現状を探った。

安いもんですね