ニュースキュレーション

さまざまなテーマをフカボリしていく「土屋礼央のじっくり聞くと」。今回のテーマはお盆休みの風物詩ともいえる「渋滞」です。なぜ渋滞は起こるのか、どうすれば渋滞はなくなるのか。「渋滞学」の第一人者、東京大学の西成活裕教授にお話をうかがいました。土屋:さっそくですが、西成先生、日本の渋滞研究は最先端だと聞いています。西成:やっぱり混んでいるところはそれなりに「なんとかしたい」というモチベーションが高...

自動運転になったら全て解決