ニュースキュレーション

東京都内で保育所に入れない待機児童問題を解消するため、小池百合子都知事は8日、100億円を超える規模の補正予算案を、28日開会予定の都議会定例会に提出する方針を固めた。保育所の整備を前倒しするなどして、年度内に新たに定員を約5千人分拡充する。保育人材の確保や、利用者を支援する施策の充実も図る狙い。

ミニ保育所のような大胆な規制緩和が効くと思いますよ