ニュースキュレーション

パナソニックは2017年度にもコミュニケーションロボットに参入する。人工知能(AI)を使った音声やテキストによる自動対話技術「ボット」と組み合わせ、ユーザーと自然な言語で対話しながら商品購入や旅行の手配など決済を含めたサービスを代行する。人型ロボットだけでなくさまざまなインターフェースへの対応も想定。コミュニケーションロボはソフトバンクやシャープなどが発売しており、同市場への参入は差異化が必...

んー、微妙