ニュースキュレーション

2020年東京五輪・パラリンピックの主会場になる新国立競技場建設で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が28日、VIPより格が高い最上級の要人「VVIP」専用ラウンジなどの新たなイメージ図を公開しました。 VVIPラウンジは国家元首らの利用を想定しており、板をずらしながら重ね張りする「大和張り」の船底天井で、日本らしさをアピールしています。設計を統括する建築家の隈研吾氏は記者会見で「日本

ハードよりソフトが大事なんだけど。その肝心のソフトがショボそうな予感しかしない