ニュースキュレーション

芸人きっての"嫌われキャラ"で有名なキングコング・西野亮廣が、ナインティナイン・岡村隆史を公然と批判し、話題となっている。 発売中のエッセー『魔法のコンパス』(主婦と生活社)でも堂々と触れられているが、「芸人ならこうすべき」という持論を押し付けてくる岡村が、とにかく苦手な様子。日刊ゲンダイのインタビューでは「少し前にNGK(なんばグランド花月)で一緒になったときは楽屋でしゃべりましたけど、早く出て

んー、岡村さんは保守的だよね