ニュースキュレーション

過疎地域の振興や外国人観光客の呼び込みにつながる政策づくりの参考にしようと、菅官房長官は、古くからある民家を改装した兵庫県の宿泊施設を視察しました。  菅官房長官は12日、兵庫県篠山市を訪問し、築150年を超える民家を改装した宿泊施設などを視察しました。  旅館業法などの特例を活用して、7年前にこの宿泊施設が開業したことで、施設のある集落では定住人口が増えるなどの効果が出ているということで

こないだ泊まったところだ!