ニュースキュレーション

インターネットの発達と「一億総表現社会」の訪れは、無名のクリエーターらにも希望の光を与えた。しかし、様々なウェブサービスを世に送り出してきた家入一真は、表現者は増えたが受け取る消費者や鑑賞者が枯渇しているという状況に「危機感を覚えている」という。表現する人を支え小さな声を拾い上げるという目的で、資金調達を民主化するクラウドファンディングの「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」を立ち上げた...

キャンプファイア攻めてますよー!