ニュースキュレーション

昨年11月にHIV感染についてTVで告白し、世界中に衝撃を与えたチャーリー・シーン(51)ですが、その後、革命的な新薬PRO-140の臨床実験に参加した結果、もはやウイルスは血液中に検知されていないことを明かしました。 シーンは英デイリーメール紙電子版に、「あり得ないほどに素晴らしい。HIVであると診断された時の状態と、現在の状態には雲泥の差がある。すごいことだ」と語りました。 新薬を開発したバイ

すごい広告宣伝効果