ニュースキュレーション

【12月7日 AFP】ドナルド・トランプ次期米大統領は6日、大統領専用機「エアフォース・ワン」の後継機を製造するため航空宇宙機器大手ボーイングと結んでいる契約について、費用が「ばからしい」額に膨れ上がっているとして、発注を取り消すべきだとの見解を示した。

象徴的にはいいかもね。